会社案内 お問い合わせ
月刊テニスジャーナルがお届けする情報サイト|Tennis Journal WEB
最新月刊誌情報 トーナメント早見表 大会リザルト サンプルムービー 編集部ブログ
 
テニスジャーナル編集部ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-│2009年10月23日(Fri)
テニスジャーナルのテスターは「PH試験紙」

テニスジャーナルで「ラケット紹介」をするときは、基本的に「フィーリングテスト」を行なったうえで、そのラケットがどういった素性のものかをみなさんに伝えるようにしています。しかも「一貫して同じテスターで」を信条としているのが、他の専門誌とは違うところです。

ラケットというのは、その人のプレイスタイルやパワー、経験によって、さまざまな感じ取られ方をするものです。まったく同じラケットなのに「硬い」という人もいれば、「柔らかい」と感じたりする人がいるのです。

「PH試験紙」というのをおぼえていますか?

これは酸性やアルカリ性の強さを客観的に評価するために設定された「世界共通の基準」です。もしも、「PH試験紙」の色の変わり方が共通じゃなかったらどうなりますか?まったく同じものであるのに、使う「PH試験紙」の種類によって、その結果が違うという状況が起こりますよね。そんなことがないように「世界共通」なのです。

テニスジャーナルのテスターは「PH試験紙」と同じです。

テスターの条件を一定にして評価するからこそ、そのラケットやストリングに客観的評価を与えていくことができるのではないか…と、テニスジャーナルでは考えています。またテスターを固定することで「他のラケットやストリングと較べてどうか?」ということも見えてくるのです。「いろんな人の意見を聞きたい」というご意見もありますが、そのときは申し訳ありませんが、他誌でいろんな方が語っているラケット評価を立ち読みしてください。

立ち読みですよ!

テニスジャーナルのテスターは「つねに」この二人

(左から)谷口勇美雄、徳重幸人
打球に関して非常に鋭敏な感覚を持ち、そのすべてを「経験情報」として貯えておける希有なテスター。テニスジャーナルにおけるラケットテストはすべて彼らを基準とするため、安定した客観情報を提供できる

by T.M

編集長セレクト│2008年04月01日(Tue)
スポンサーサイト
-│2009年10月23日(Fri)
 
 
カテゴリー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

カテゴリー
アーカイブ


ページトップへ